早朝、継母にとっては午後だった

#1 #2
  コメント
  読み込み中
  読み込み中


映画コンテンツ

早朝、継母のアシュリー・アルバンさんは夫の息子を起こして新しい一日の準備をしようと部屋に入りましたが、息子はそこに横たわり続けて目を覚まそうとせず、継母に毛布を剥がすよう強制したところ、突然大きなベッドが見えました。顔の目の前にチンポがあったので、アルバンはとてもお腹が空いて、最後にそのチンポで遊んだときのことを思い出しました。アルバンの夫はいつも仕事で忙しく、長い間彼女の体を愛撫したり、以前のようにセックスしたりしていなかったので、アルバンは本当にチンポをいじって彼女のおさげに精液を発射したかったのですが、彼女は彼女に性的欲求を満たしたくありませんでした。彼女の夫。当時、アルバンを満足させられるのは息子だけだった。

早朝、継母にとっては午後だった

映画情報

コメントを残す